2009年8月15日(古座)

真夏のど真ん中のお盆は、のんびり釣りが出来るタイミングでもあります。メチャクチャ暑いので、日焼けとそれに伴う体力の消耗がすごいですが、色々なものが当たってくる真夏の磯は、格好の研究材料でもあります。

当日は、午後から瀬上がりしてそのまま通しの夜釣りに突入と言う、言って見れば「磯釣りトライアスロン!」ですが、さすがに帰りの42号線は死にそうでした・・・(^_^;)
あまり、オススメは出来ないですねぇ・・・(笑)

古座は冬場でもそうですが、本当に色々なものが当たります。この日僕の竿を曲げたのは・・・

  • 尾長グレ(35cm程度が筆頭)
  • アイゴ(40cm、チョイ手前・・・)
  • チャリコ
  • アジ(これはデカかったです。35cmはありました)
  • サンノジ
  • イズスミ
  • ボラ
  • イサギ
  • サバ

ちなみに一緒に行った釣友はカワハギとガシラとハタンポ釣りました、全部で何目だ?(笑)

「いったい何を釣りに行ってんの?」って話ですが、夏磯はこう言う感じだと思います。グレの数は少なかったですが、このくらい曲がると結構楽しいですよ・・・

追い風で仕掛けが馴染ませやすい!

原則的に軽い仕掛けが好まれる磯の上物は、出来るだけガンダマを仕掛けに打ちたくないものです。

とはいえ、「打たなきゃ、仕掛けが入らない」では、打たないとダメなんですが、この日は、東からの風が少しキツメに吹いたため、西側向きの大箱の水道付近が完全に風裏で、いつも以上に仕掛けの馴染みが良かったです。

「これなら完全フカセでいける」と見て、ウキとカラマン棒だけの超シンプルな仕掛けでトライアルしました。これで一発拾えたのが・・・

完全フカセの仕掛けに尾長グレが・・・

大箱の水道付近は一つだけハッキリしている事があって、「完全フカセにした00号のウキがサシエに引っ張られて沈むとき」は、高確率で良型が当たってきます。

もちろん、口太グレが一番多いように思いますが、当日の水温は27度と言う事で、さすがに、この水温では口太は厳しいです。

完全フカセをキチット馴染ませるには、ラインメンディングと呼ばれる道糸の修正が大事な点です。この点なども、山元名人の驚異のグレ爆釣法で言われている事をそのままやってみました。

すると小ぶりながら、尾長グレが一発で来ました!(^_^)v

1号ロッドで2号ハリスを使用しましたが、このくらいのタックルが、少しスリルがあって楽しいです。日が高いうちは、大きいのは無いだろうと思って、ライトタックルにしてましたが、正解でした。(40cmクラスのサンノジなんか、最高にオモロイです・・・笑)

同行の初心者のAさんもグレをゲット

先月に引き続き、この日も同行者はAさんでしたが、前回おおよそで必要な事はアドバイスできたので、この日は、ほったらかしにして見ました。(笑)

要は、「僕の力を借りずに、一人で釣りきってみる」ってことですね。Aさんも山元名人の驚異のグレ爆釣法で釣りを学んでいる一人です。夏磯の厳しい条件下でも・・・

後ろに見えるサラシの先端で食わせてました、お見事です!

多少条件が厳しくても、やる事をシッカリとやれば、一発や二発はナンとかなるもんです。僕の持論ですが、これをサポートしてくれるのが、以下のDVDですね・・・

グレ釣りのキモを教えるDVD

「泣く子も黙るグレ釣りの最高峰」と言えば徳島の阿波釣法!その「王国」にして「道場」が生んだスーパースターと言えば、「八ちゃん」こと山元八郎名人です。

最近新発売になる釣り具の多くに山元名人のアイディアが垣間見れる物とかあります。柔軟思考から生み出される「テクニック」、「釣り具の工夫」、そして「釣り方」は、ビギナーのみならず、中上級者にも最良のお手本となることは、間違いありません。

その山元名人をして「集大成」と位置付けたDVD[が「驚異のグレ爆釣法」です。

ビギナーアングラーのみならず、中上級者も必見のDVDであると思います。詳しくは公式サイトをご覧下さいね。こちら

↓↓↓↓↓↓公式サイトにリンクしてます↓↓↓↓↓↓